目がクリックリで柴犬カットのポメラニアン

自分が物心つく頃から常に犬を飼っていました。昔は予防接種などがなかった事から、あまり長生きできず、飼い犬が死んでしまうとまた新たな犬を飼うといった繰り返しでした。予防接種が定着して長生きできるようになり、初めて飼い犬の介護ができる程長生きしてくれた最後に飼った犬のお話をしたいと思います。
私の弟が3歳くらいの頃に我が家にやってきました。
弟が小学校に入学し、大きなランドセルを背負った弟と一緒に飼い犬と写真に写っていた事を今でも思い出します。弟とは歳が離れていたので、弟にとっては飼い犬が兄弟の様な存在だったと思います。
私達子供が皆社会人となった頃、両親が離婚、そして父が癌に侵され入退院を繰り返すようになり、私は都会での仕事を辞め飼い犬がいる実家に戻りました。
病に伏せた父の安らぎはやはり飼い犬でした。病院で抗がん剤治療をして頑張る父の気晴らしにと何度となく飼い犬の動画を撮って病室のビデオデッキで見せた事を思い出します。
また、誰もいなくなった家に1人残る私の心強いパートナーとなったのも飼い犬でした。
誰もいない真っ暗な家への帰宅時に飼い犬が出迎えてくれるだけでほんとに救われる思いでした。
父が他界した後、弟が帰って来てくれました。飼い犬はオムツを付けるような状態でした。昔なら軽々ジャンプできた段差もできなくなり、散歩の途中で急にキャンキャンと鳴きもがき苦しむ事もしばしはありました。最期は夜通し鳴き苦しそうでしたが、弟と共に看病し、飼い犬は腕の中で息絶えました。
両親の離婚、父の病気、様々な困難がありましたが、飼い犬の存在が困難を乗り越えれる糧となっていたと思います。
介護も大変だし、別れもかなり辛かったですが、ほんとにこの犬と出会えた事が今では宝物です。

«
»