すごくブサイクなフレンチブルドッグ

弟が急に、知り合いから譲ってもらったと家に連れて帰ってきたのが始まりでした。
まだ生まれて間もない柴犬で、名前は押し切って私が付けました。
女の子で、鳴き声が少し高い臆病な子でした。
散歩に行くと最初は先々に行ってしまうのに、私の姿が見えなくなると不安げに探し回ります。
それが可愛くて、少し後ろからついて行ってら途中に隠れたりしていました。
家に帰ってただいま!と、声をかけると尻尾が取れてしまうのではないかと思うくらい振って出迎えてくれます。
12年一緒にいてくれて、楽しい思い出いっぱい作れました。
その間、長期で旅行とかと行けなかったし、散歩などは大変でしたが、大切な家族でした。
生き物も飼う大変さを勉強させてもらったし、人同士では感じられない癒しや、思いやりの気持ちが出来ました。
これから、ワンちゃんを新しく迎える方は家族が1人増えるような気持ちで迎えてあげて下さい。
その子その子で性格も違うので、縁もたいせつです。
うちの子は、お手やおかわりなどはいくら教えてもできなかったけど、どんなにちょっかいをかけられても吠えたり、噛んだりは絶対にしない子にしつけれました。
無理に教えるのではなく、楽しく、こっちが誠心誠意に向き合ってあげると気持ちが伝わります。
人生のよき相棒として、私も生活が落ち着いたらまた飼いたいと思います。

«
»